理事長
株式会社Progress(プログレス)代表取締役
広告代理業 ネットリユース事業
終活アドバイザー 認定登録番号 A-2018041177

中村 秀治

 現代の高齢化社会に伴う問題は、私たちの身の周りで知らぬ間に存在しています。独居、核家族、無縁社会などの社会的背景が、身寄りがなく厳しい生活を強いられる高齢者を作りだし、身元保証がないゆえに医療や介護サービスが受けられていません。そのような方々を誠心誠意サポートするべく、タスカルを立ち上げることを決意いたしました。
 
 各分野の専門家が集まる理事メンバーは、それぞれが強みを持ち合わせ、利用者様のお困り事を様々な場面でサポートできることがタスカルの特徴の一つです。また、理事メンバーの若さ、チームワークの良さ、迅速な行動力がタスカルの活動を支える大きな力の源となっている所に我々の強みがあります。
 
 晩婚化、未婚化などを背景に急速に進む少子高齢化と、現代社会における家族関係の変容「家族の個人化」により、高齢者のみの世帯、さらには高齢者一人身世帯の増加、孤立化が社会問題化しています。医療、介護、行政もこれらの問題への対策はしていますが、全てをカバーするのは困難です。そこで、タスカルのようなNPO法人が、声なき声を拾う役目ができると、私達はそう信じて活動をしています。
 
 まずは高齢者に寄り添う形で始まりましたが、その先にはサポートが必要な幅広い年齢層にも手を差し伸べたいと思っています。“困っている人を助ける”
それこそがタスカルとしての役割になるのではないかと考えております。

タスカル理事長:中村秀治
 

副理事長
医療法人 小早川整形外科 理事・事務長
メディカルサービス法人 フレンズ 代表取締役
株式会社グランシェリエ マイ薬局 顧問

小早川 洋介

 医療・介護の現場において、病院の入院・手術や施設等の入所の際に「身元保証人」がいないことで、必要な医療や介護サービスを受けられないなどの事例があります。まずはこうした問題を解決したいとの想いで活動を始めました。
 
 タスカルの利点は、医療・介護制度の“隙間”を埋めることができる点にあります。タスカルは同じ志を持つ多業種のエキスパートの集まりであるため、利用者が何か困った時に様々な角度から利用者様に合ったサービスを提供することができます。
 
 急速に進む高齢化社会では様々な新しい社会問題が発生しますが、タスカルは社会の変化を敏感に捉えながら、利用者が抱える問題と真摯に向き合い、困っている方々をサポートしていきます。

タスカル副理事長:小早川洋介
 

監事
株式会社コスモテレコム 取締役 携帯SHOP の運営代理店・個別指導塾運営
株式会社コスモヒューマンズ  人材派遣業

金井 大祐

 これまで本業では若年層を対象とした事業を行ってきましたが、高齢者層が厚くなってきている現代には、地域の高齢者の方が安心して生活するため、地元密着で高齢者に貢献できるサービスが必要だと考えています。
 
 タスカルを通じ様々な人たちと意見を交わすうちに、“つながりの希薄”という点が表面化してきました。家族や地域とのつながりが無くなってきているという現状が、身元保証支援が必要とされる理由の一つであると感じています。地域とのつながり、タスカルとのつながりを作り出し、利用者様にも安心して生活していただけるよう務めています。
 
 そして理事メンバーの業種が多様なことから人的ネットワークが広く、また、地元密着で活動している点も我々の強みとなっています。

タスカル監事:金井大祐
 

理事
晴和総合法律事務所
弁護士(所属 愛知県弁護士会)

中林 良太

 弁護士として相続、多重債務など高齢者の問題について関わっていますが、その中に家族との縁が薄い人たちが多くいることに気づきました。一人では難しくなってくる高齢者の問題の対処に、自分の力を活かしたいというのがタスカルに賛同した理由です。
 
 タスカルでは各専門家(弁護士、会計士、社労士、介護業界)の集まりが特徴の一つですが、法律のトラブルにも対応でき、他の業者ではやりたがらない、行きたがらないところへも積極的に関わってゆくというスタイルが、我々の強みでもあります。
 
 社会的信頼が損なわれる出来事が多い昨今では、やはり信頼・安心感を人々は求めています。そこに私が法律の専門家として、各種書類作成・手続きなどをしっかりと実施していくことで、タスカルに大きな信頼を寄せていただける要因の一つになっていけると信じて活動に取り組んでいます。

タスカル理事:中林良太

理事
保坂事務所 所長 公認会計士、税理士
株式会社モアフィールド 代表取締役 美容院経営

保坂 憲彦

 現在の高齢者に関する社会問題を調べていると、身元保証が取れずに介護施設に入れない高齢者が多くいる現実に突き当たります。行政だけでは個人への対応に限界があるので、タスカルが医療と行政の架け橋になれたらという思いがあります。身元保証と言えば“タスカル”と認知されるよう、同一価格・同一サービスを目指して活動していますが、何よりもお年寄りにとって第2の家族のような身近な存在にしたいです。
 
 私は税の専門家であると同時に美容院経営もしており、訪問美容という形で介護施設などに美容師を派遣しています。そこではお年寄りが若いスタッフとのコミュニケーションをとても喜んでいるのを目の当たりにし、高齢者にとって身近な存在が必要であると肌で実感しています。
 
 身元保証のNPO団体で活動する理事やメンバーが若さに溢れ、異なる専門家が集まる団体を他に知りません。様々な知識が総合的に蓄積されているところと、フットワークの軽さは私たちの強みです。

タスカル理事:保坂憲彦
 

理事
株式会社スタッフバンク 名古屋支店 支店長
人材サービス業・デイサービス運営

南 佳孝

 “現場で生の声を聞き集約することで、タスカルだからできることをやっていきたい!”と中村理事長から伺い、その想いに共感し、業界を変革したいという気持ちで賛同させていただきました。
 
 介護の現場で良く聞くのですが、誰にでも周りに支えてくれる人がいるわけではないということ。本来ならば受けられるはずのサービス、医療などが受けられない現実があると言います。そこに身元保証の必要性は大きいのですが、タスカルでは単なる代行ではなく、生活支援から新たなニーズを発見し、対応していくことが大事だと考えています。人は一人では生きていけません。我々が寄り添わせていただくことで、一人でも多くの方を笑顔にしたい。今はそんな想いです。
 
 営業という人と接する仕事から、“全ては人と人とのつながり”であると感じています。タスカルを必要としている方々の中には、困り事をなかなか表に出さない人もいます。それを引き出すには信頼関係を構築するコミュニケーション能力が必要で、そこは長年営業職に携わらせていただいている私の経験を活かし、社会に貢献していきたいと考えております。

タスカル理事:南佳孝